富士そばで、うどんを注文してもいいのか?店員に怒られたりしないか?

そばが好きだ。あったかいのも、つめたいのも、とにかくそばだったら何でも好き。もちろん、それなりの老舗店に行ってみることも多いけど、普段使いで重宝する富士そばは、私にとって日常のオアシス。

ちなみに富士そばの正式名称は「名代富士そば」であり、読み方は「なだいふじそば」である。

昔はサラリーマンのためのお店だったはずだけど、最近では女性客もたくさんいる。老若男女に愛される日本一のそばチェーン店。それが富士そば。

ただ、ひとつ懸念がある。

「富士そばで、うどんは注文してもいいのか」ということ。

券売機でチケットを購入すると、中年のおじちゃん店員から「そば?うどん?あったかいの?つめたいの?」と聞かれる。

これは暗黙の了解で、「念のために聞いとくけど、そばだよね!」という確認みたいなものだと思っていた。

というのも、以前、私の前のホスト風の若い男性客が、うどんを注文したら、おじちゃん店員が軽く「チッ」と舌打ちしたのだ。

それ以来、私の中で富士そばでうどんを頼むのは、ビアガーデンで焼酎を頼むような、カリスマ美容師にスポーツ刈りをお願いするような、「出来なくはないけど、何でウチ来たの?」みたいな、あまりよろしくない行為だと勝手に思っていた。



富士そばにもうどん客は意外といる

しかし、ある時、ふと周りを見てみると意外にも、うどんを注文している客がフツーにいることに気づいた。

もしかして、うどんも注文していいのか? なんだかやたらおいしそう。そう考えると、急に富士そばうどんを食べてみたい衝動に駆られてくる。

ある日、券売機でチケットを買い、恐る恐る店員のおじちゃんに手渡す。

私「う、うどんで」

店員「あったかいの?」

私「はい」

店員「はい、うどんいっちょう!」

おじちゃんはピクリともしない。あの「チッ」はなんだったのか。まもなくして、あったかいうどんが届く。七味をたっぷりかけてから口へ運ぶ。

「うま・・・?あれ、意外とふつう?」

念願の富士そばのうどん。しかし、食べた感想は、可もなく不可もなく。

そう考えると、あのおじちゃんの「チッ」はあながち間違っていなかったのかもしれない。

やっぱり富士そばは、富士そばであって、富士うどんではなかった。

ライター名瀬なのかのきっと役立つコラム
naze7000をフォローする
【以下、広告です】
クラウドテック

会社員からフリーランスになりたい方へ。働き方改革で大注目のフリーランス求人サービス

Bizseek

Bizseekの手数料は業界内最安級、初めての方にもわかりやすいプラットフォームが魅力のサービス。副業を探している方やちょっとしたおこづかい稼ぎにぴったり。大手サイトで仕事が見つけられない方にもオススメです。

クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」はライター案件多数! 会員登録と発注手数料が一切無料でノーリスクなのもメリット。 お仕事依頼総額400億円超、登録社数110,000名突破で急成長中サービスです。

稼ぐフリーライターになる方法
タイトルとURLをコピーしました