このペーパーレス時代に1年分ためたメモ帳を読み返す

ロディアのメモ帳に書き連ねたアイデアを振り返る

みなさんは普段、思いついたアイデアを何に残していますか?

 

evernote?スマホのメモ?それとも自分の頭の片隅?

 

私が愛用しているのはロディアのメモ帳。普段ライターや編集の仕事をしているので、何かアイデアを思いついたら、ここに書きなぐるという習慣があります。

ロディア No.11 方眼罫 オレンジ 3冊セット cf11200

 

ロディア様の良いところは、ピリッと心地よい音を立てて破れてくださるところ。

 

単なるメモ書きは破ってそのままゴミ箱にポイ!そして、今後使えるかもしれないというようなアイデアだけは破ってクッキーの箱にでも入れておきます

 

今年1年、私はどんなアイデアを思いついたのか?

以前もブログに書いたのですが、私はアイデアを書いたメモをすぐに見返しません。

 

翌日も覚えていないようなアイデアはたいしたアイデアじゃないというふうに若い頃に教わり、それが絶対ではないにせよ、たしかにそういう面もあるよなーとの思いから、メモは取るけど見返さない、というスタイルにしています。

 

ただ、せっかく取ったメモをまったく見返さないのもなんなので、年末にかけて1年分のアイデアメモを読み返す。

 

すると、あーこのネタは記事にできたなーとか。これは結局ボツになったけど今思うとこうすれば良かったなー、なんて感じでけっこー使えるのです。

 

 

 

自分で思い出せない謎のフレーズ「岡村ちゃん おにぎらずと絡めて」

この行動でなかなか面白いのが自分で書いたくせにまったく思い出せない謎のアイデアに出くわすこと。

 

大量のメモの中には、形にならなかったどころか、書いたことさえ覚えていないアイデアがちょこちょこ見つかります。

 

例えば、今年見つかったのは「岡村ちゃん おにぎらずと絡めて」とか「わたしは大納言」とか「エメマンだよ、大爆破!」とか、、、。

 

はたして私は何を考えていたのだろう。そもそもこれは何かのアイデアだったのか。それとも気づかない間に私のもとに降りた神からの啓示なのか。はたまた病んでいた時期があったのか。

 

そんなモヤモヤした感覚が、意外と楽しかったりするのです。

 

 

 

今週のお題「年内にやっておきたいこと」

フリーライターにおすすめしたい話
naze7000をフォローする

フリーランスにも働き方改革の時代が来ている!

最近、世の中では働き方改革が叫ばれていますが、そんな中でフリーランスが大注目しているのがクラウドテックです。

これ絶対チェックしたほうがいいです。超オススメです。フリーランスのための求人サービスなのですが、革命的なのがなんと社会保障や福利厚生の特典があるということ。ケガや病気で収入が途絶えてしまっても最長10年間毎月5万円が支払われる保険に入れたり、健康診断や家事代行サービス、ベビーシッターサービスなどがあります。フリーランスという生き方を変えてしまう存在かもしれない。

もちろん仕事の案件も豊富で、エンジニア系の仕事だけでなく、WEB編集やWEBライター、シナリオライター、校正校閲などの仕事も多いのが嬉しい限り。非公開案件も多いですが、無料で登録できるので、すでにフリーライターの方はもちろん、これからフリーランスを目指す人も参考にどうぞ

ライター初心者は「習うより慣れろ」

WEBライティングの仕事をとにかくすぐにはじめたいのであればCrowdWorks(クラウドワークス)Bizseekサグーワークスがオススメです。人に聞くよりもまずは自分でどんなものか体験してみることが大事!

クラウドソーシングのサービスの他にもいろいろありますが、まずは仕事の流れを知るためにも以下の メジャーどころで試してみては?

ライター向けクラウドソーシングサービス
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」はライター案件多数! 会員登録と発注手数料が一切無料でノーリスクなのもメリット。 お仕事依頼総額400億円超、登録社数110,000名突破で急成長中サービスです。

Bizseek

Bizseekの手数料は業界内最安級、初めての方にもわかりやすいプラットフォームが魅力のサービス。副業を探している方やちょっとしたおこづかい稼ぎにぴったり。大手サイトで仕事が見つけられない方にもオススメです。

稼ぐフリーライターになる方法
タイトルとURLをコピーしました