文章力があるのは犬タイプ?それとも猫タイプ?

犬か猫かは、文章にあらわれる

よく人の性格は人懐っこい犬タイプか、自由きままな猫タイプかに分かれる、なんて言われますが、文章を書く場合も犬タイプと猫タイプに分けられるんじゃないかと思います。

 

犬タイプは、とにかく読む人に喜ばれようとするし、猫タイプは自分が書きたいことをひたすら綴る。

 

はたして文章力があるのはどちらでしょうか。それぞれの長所と短所をあげてみると、

 

犬タイプ

常に読み手を意識するのでわかりやすく伝わりやすい。「ご主人様、次はどんなのが読みたいでやんすか?」という気持ちが心のどこかにあって、そこから文章を作ります。

 

ただ、自分らしさみたいなもの、つまりはユニークさが薄くなりがちなので、「オイラ、こないだ三丁目にある電柱におしっこをかけた話を書きたいでやんす。あ、そんなの誰も読まないでやんすね。ご主人、すいません!」みたいなことも多いのでは。

 

猫タイプ

猫の良いところは観察眼にすぐれ、さらに自分が感じたものを自分のフィルターを通して、オリジナリティあふれる文章を書くにすることができる。

 

「あたい、ネズミを追ってる時に思ったんだけど、あいつらって悲劇のヒロインを演じてるつもりかもしれないけど、はたから見たらゾンビ映画に出てくる一般市民に過ぎないんだって。そしたら追うのやめちゃった」と、良い意味でわけのわからないことを綴れる。

 

もちろんこの長所は短所と表裏一体で、読んでいる人に伝わらないこともしばしば。でも、猫タイプは「そんなことはどーでもよくて、あたいが聴いてる共産テクノの話。」みたいに、完全にマイペース。でも、だからこそ刺さる人には刺さるから熱心なファンも作りやすい。

 

 

 

では、例えばプロのライターの場合、犬と猫、どちらであるべきか、と考えると、実はどちらも使い分けられることが重要だったりするので、甲乙つけ難い。

 

読者がいる、お金が発生する、ということを踏まえると基本スタンスとしては犬タイプであるべきですが、じゃあ読者が求める以上の価値を伝えるには、猫タイプのような要素もなくてはいけません。

 

まず自分は犬と猫タイプなのか猫タイプなのかを把握して、では足りない部分は何か、と考えてみると、文章力は上がると思うワン!犬は猫を、猫は犬を、見習うべきだニャン!

 

犬と猫

犬と猫

今週のお題「犬派? 猫派?」

 

 

フリーライターになるための基礎
naze7000をフォローする

フリーランスにも働き方改革の時代が来ている!

最近、世の中では働き方改革が叫ばれていますが、そんな中でフリーランスが大注目しているのがクラウドテックです。

これ絶対チェックしたほうがいいです。超オススメです。フリーランスのための求人サービスなのですが、革命的なのがなんと社会保障や福利厚生の特典があるということ。ケガや病気で収入が途絶えてしまっても最長10年間毎月5万円が支払われる保険に入れたり、健康診断や家事代行サービス、ベビーシッターサービスなどがあります。フリーランスという生き方を変えてしまう存在かもしれない。

もちろん仕事の案件も豊富で、エンジニア系の仕事だけでなく、WEB編集やWEBライター、シナリオライター、校正校閲などの仕事も多いのが嬉しい限り。非公開案件も多いですが、無料で登録できるので、すでにフリーライターの方はもちろん、これからフリーランスを目指す人も参考にどうぞ

ライター初心者は「習うより慣れろ」

WEBライティングの仕事をとにかくすぐにはじめたいのであればCrowdWorks(クラウドワークス)Bizseekサグーワークスがオススメです。人に聞くよりもまずは自分でどんなものか体験してみることが大事!

クラウドソーシングのサービスの他にもいろいろありますが、まずは仕事の流れを知るためにも以下の メジャーどころで試してみては?

ライター向けクラウドソーシングサービス
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」はライター案件多数! 会員登録と発注手数料が一切無料でノーリスクなのもメリット。 お仕事依頼総額400億円超、登録社数110,000名突破で急成長中サービスです。

Bizseek

Bizseekの手数料は業界内最安級、初めての方にもわかりやすいプラットフォームが魅力のサービス。副業を探している方やちょっとしたおこづかい稼ぎにぴったり。大手サイトで仕事が見つけられない方にもオススメです。

稼ぐフリーライターになる方法
タイトルとURLをコピーしました