Tシャツにリュックは常識、スニーカーの靴もOK!それがフリーライターという職業

先日スーツにリュックは非常識という記事が話題になってましたが、フリーライターの場合は、TシャツにリュックもOKです。スニーカーで構いません。

取材のとき、例えば音楽が好きなタレントさんをインタビューするなら、あえてその人が好きなバンドのTシャツを着ていって「お、良いシャツですねー」と会話の盛り上がりのきっかけにする、なんて人もいます。

また、「取材の時はいくらフリーライターとはいえ、ジャケットくらいは着ていけ」と言う人もいますが、本人次第かなーと思います。

ジャケット着ていかないと怒られるかなぁ、と心配になっちゃう人は着ていけばいいし、そんなの全然気にしないって人は好きな格好でいけばいい。

銀行とか役所とか少しお堅い企業に取材するならスーツを着ていくべきか、と頭をよぎるかもしれませんが、自分の判断で好きにすればいいのです。編集担当とかに言われたらその指示に従えばいい。

(こういうお堅い系の場合、たいてい名刺交換で「ライターの◯◯です」と自己紹介した時点で、相手は「あぁ、そういう職業の方ね」という顔をするので、別に何を着てようが案外どうでもよかったりすることのほうが多い)

そんなことよりも私たちが本当に考えるべきなのは、取材対象からいかにして面白い話を引き出して、いかにして良い原稿を作れるか、なのです。

ライター名瀬なのかのきっと役立つコラム
naze7000をフォローする
【以下、広告です】
クラウドテック

会社員からフリーランスになりたい方へ。働き方改革で大注目のフリーランス求人サービス

Bizseek

Bizseekの手数料は業界内最安級、初めての方にもわかりやすいプラットフォームが魅力のサービス。副業を探している方やちょっとしたおこづかい稼ぎにぴったり。大手サイトで仕事が見つけられない方にもオススメです。

クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」はライター案件多数! 会員登録と発注手数料が一切無料でノーリスクなのもメリット。 お仕事依頼総額400億円超、登録社数110,000名突破で急成長中サービスです。

稼ぐフリーライターになる方法
タイトルとURLをコピーしました