子供の頃にブルーオーシャン戦略を知りたかった

今思うと、自ら好んで競争の激しいレッドオーシャンに飛び込んでいた気がする。

クラスの人気者を好きになったり

部活はメジャーなスポーツを選んで、おまけに強豪の学校に行ったり

大学選びだってとにかく偏差値が高いところを目指したり

あの頃はそれが唯一の正解だと思っていて、そこに生き残れば確かに勝者ではあったのだけど、

大人になってから振り返ってみると、いろいろと未開拓なブルーオーシャンを攻めておいたほうが、実はよかったんじゃないかと思う。

というのも、これに気づかないと、自分はただ争いに負けてドロップアウトした人だと思ってしまう。誰もがいつかは負けるのに。

で、しばらくすると、「わざわざ競争の激しいところにいくより、こっちのほうがいいじゃん」と気付けるのだけど、それに気づくまでが長い人は、敗北感がいつまでもまとわりついて、自分は競争に負けたダメな人間だという思いが抜けない。

最初から狙ってブルーオーシャンを攻めていれば、どんなに楽だったか。

もちろん、ブルーオーシャンとは単なる競争相手がいない楽な場所という意味ではない。

そこを狙うには、開拓というか、ある種のイノベーションみたいなものを自分の中で作り出し、攻めていく作戦を考えなきゃいけない。うん、それはわかってる。

でも、そっちのほうが有意義だったんじゃないかなーと。

ブルー・オーシャン・シフト

ブルー・オーシャン・シフト

みなさんは自分のこれまでの人生を振り返って、どう思いますか?

ライター名瀬なのかのきっと役立つコラム
naze7000をフォローする
ライター向けクラウドソーシングサービス
クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」はライター案件多数! 会員登録と発注手数料が一切無料でノーリスクなのもメリット。 お仕事依頼総額400億円超、登録社数110,000名突破で急成長中サービスです。

Bizseek

Bizseekの手数料は業界内最安級、初めての方にもわかりやすいプラットフォームが魅力のサービス。副業を探している方やちょっとしたおこづかい稼ぎにぴったり。大手サイトで仕事が見つけられない方にもオススメです。

稼ぐフリーライターになる方法
タイトルとURLをコピーしました